自動車保険 等級 下がる

自動車保険で等級が下がる時のパターン、事例をご紹介。等級が下がると保険料がどれくらいになるのか?等級を下げないために保険を使わない時の判断など、自動車保険の等級が下がるパターンを詳しくお伝えしています。

自動車保険 等級 下がる 》 自動車保険で等級が下がる例と保険料

自動車保険で等級が下がる時のパターン、事例をご紹介。等級が下がると保険料がどれくらいになるのか?等級を下げないために保険を使わない時の判断など、自動車保険の等級が下がるパターンを詳しくお伝えしています。

自動車保険は事故を起こさないほど保険料が安くなり、事故を起こすことが多い人ほど保険料が高くなります。事故を起こす起こさないの成績表として過去の事故歴によるランク付けが等級となります。この等級に応じた割引率を決め、世間一般では「ノンフリート等級別料金制度」と呼ばれています。

あなたは車で事故を起こしたことはありますか?事故を起こしても保険会社へ連絡した時点ではまだ等級は下がったりしません。等級が下がるのは、あくまでも保険を使用した時。保険を使ってはじめて次年度の等級へ影響してくるのです。

多くの方は事故を起こすと3等級ダウンしてしまうと思っていることでしょう。多くの事故が3等級ダウンというのはそのとおりなのですが、実は1事故につき1等級しか下がらない事故もあるのです。3等級ダウンだと事故有の割引率が3年間適用されますが、1等級ダウンでも事故有の割引率が1年間適用されます。また、ノーカウント事故といって事故がない場合と同様に翌年1等級上がる場合もあります。

各等級の割引率・割増率




3等級ダウンの場合
コンビニの駐車場から出る時に車を擦ってしまった場合、壁は傷もなく問題ないが、自分の車の修理代が10万円かかってしまう。こういう時に自動車保険を使うと次年度の等級は3等級下がってしまいます。

この場合に保険を使うか使わないかは次年度以降の保険料を「保険を使った場合」と「保険を使わなかった場合」に分け、両方を比べて判断されるといいでしょう。例えば現在無事故の10等級で保険料が10万円だった場合、保険を使うと6年後の差額が10万円以上になってしまいます。6年間事故を起こさないと仮定すると、この場合は保険を使わないほうが良いと言えます。

1等級ダウンの場合
1等級ダウンのケースは前もってお伝えしたとおり。

・火災や爆発
・盗難
・落書き、窓ガラス破損、いたずら
・台風、竜巻、洪水、高潮

保険適用するかどうかは基本的には3等級ダウンの場合と同じです。この先6年間事故を起こさないと仮定して、その期間の保険料の差を比較して判断します。保険適用の有無で変わる保険料は自分で調べることができますし、保険会社へ聞けば優しく教えてもらえます。少しでも不安を無くしたい方は迷わず保険会社へ相談しましょう。

ノーカウント事故
ノーカウント事故のケースも先にご紹介しましたね。人身傷害保険(車内のみ保証型、車内+車外保証型)や降りても賠償責任補償特約、搭乗者傷害特約(障害一時金、死亡・後遺障害)やおりても身の回り品補助特約、無保険車障害危険補償特約やおりても障害補償特約などです。

契約中の自動車保険で、自信で保険金を請求する場合に人身傷害保険だけであれば事故としてはカウントされません。「人身傷害保険の保険金を請求したら等級が下がるので請求しない」考える方もいるでしょう。ですが、人身傷害保険からのみ保険金が支払われる場合は、次年度の等級に影響はありませんので安心してください。
等級を下げない一番の方法が無事故を心がけること。ですが、人間誰しも間違いはあるもので、世の中に事故を全く起こさないという人間はいません。まったく運転をしないというなら話は別ですが、それだと自動車保険をかけること自体が意味を無さなくなります。万が一の事故のときでも等級を下げないコツなどお伝えできればと思います。
 

等級を下げないためには事故を起こしてしまっても実費で車を直すということが挙げられます。事故を起こしたのに保険を使わないの?と思われるかもしれませんが、等級降下による保険料増加と実費での修理で、実費の方が安ければその方がいいでしょう。また、車を買う人は必ず自賠責保険に加入しています。任意保険を使うかどうかは本人次第なので、使わないと判断したなら等級に影響することはないのです。

他にもノーカウント事故やあきらかに相手側に否がある事故なら保険を適用しても等級が下がることはありません。自賠責保険の等級を下げないコツは、事故をした場合でも極力保険を使わないこと。例外的なことも覚えておくといいでしょう。

例外的な等級据え置き事故

故意でない事故では等級が下がることはありません。このように等級が下がらない事故を等級据え置き事故といいます。据え置き事故の場合は翌年等級が下がらないかわりに上がることもありません。故意ではない事故のすべてが等級据え置き事故というわけではないので、この点は注意しておいてください。

【等級据え置き事故の例】
・台風、竜巻、洪水、高潮
・火災又は爆発
・落書き又は窓ガラス破損
・いたずら
・飛来中又は落下中の他物との衝突
・騒擾又は労働舗装に伴う暴力行為又は破壊行為
・上記以外の偶然の事故

ノーカウント事故も等級が下がらない事故となりますので覚えておくといいでしょう。

【ノーカウント事故】
・弁護士費用特約適用の事故
・人身傷害補償保険適用の事故
・搭乗者障害保険適用の事故
・無保険車傷害保険特約適用の事故
・ファミリーバイク特約適用の事故
・自転車事故補償特約適用の事故
最近の天気は異常気象が多く、自然災害の中でも特に風水害による被害が増えています。近年見られるようになったのが都市部での豪雨災害。きれいに整備された道路での冠水も増えてきています。ここでは冠水道路の危険性や注意する点などご紹介していきます。
 

道路が冠水する仕組み

最近多く見られるようになってきたのがゲリラ豪雨。このゲリラ豪雨が多くなっていた原因の一つがヒートアイランド現象。ヒートアイランド現象というのは局地的に高温になる現象で、ゲリラ豪雨が都市部でおこると大量の雨水が下水道や貯水施設へと流れていきます。下水道や貯水施設で処理できなくなった雨水が道路へ溢れ出し洪水のように。冠水した道路では車の操作もままならなくなり、風雨による視界不良も加わりとても危険な状態になります。

冠水道路の危険性

少しくらいの水たまりなら走行できるように車は設計されています。どの程度大丈夫かというと、車体の床面に水が浸かる程度。それ以上水位が高くなると機械部分が濡れてしまうので故障の原因となってしまいます。エンジンの内部にまで水が入ってしまうと致命的な胡椒の原因ともなりかねません。ですから、あまりにも深い水たまりには注意してください。

冠水道路の通過法

では、どうしても通らなければならない冠水道路があった場合、どうすればいいのでしょう?まず、前の車と車間距離をしっかり取り、前の車の水しぶきを避けるようにしましょう。道路を抜けた後はブレーキを何度か踏み込んで、ブレーキパッドを乾燥させます。冠水道路は車線も見えず、脱輪や段差への乗り上げなどの危険性があることは承知しておいてください。

アンダーバーストがあったら?

高架橋や立体交差点にあるアンダーバースト。水が溜まりやすいアンダーバーストは集中豪雨で雨水が溜まりやすく、できれば通過したくないもの。車が立ち往生してしまったり、水没してしまうことを考えれば、回り道をして他の道を探すのが無難です。普段からアンダーバーストだけでなく、水の溜まりやすい場所を覚えておき、豪雨の時は避けていくよう心がけていきましょう。

車が水没したら

万が一、冠水道路で車が止まってしまった場合の対応策も覚えておいて損はありません。ドアの高さまで水が溜まっていると、水圧でドアを開けることはできません。その場合は窓を空けて脱出しましょう。こういう時のために事前に緊急脱出用ハンマーを用意しておいてください。最悪、車の中まで水が入り込んでしまっても落ち着いてください。車の中が水で満たされれば、ドアを開けられるようになりますから。