自動車保険 等級 下がる

自動車保険の個人賠償特約と保険を使わない時の判断。万が一の時にも安心の個人賠償特約のご説明と、保険を使うかどうか迷った場合の判断基準について具体的にご説明しています。

自動車保険 等級 下がる 》 自動車保険の個人賠償特約と保険を使わないの判断

自動車保険の個人賠償特約と保険を使わない時の判断。万が一の時にも安心の個人賠償特約のご説明と、保険を使うかどうか迷った場合の判断基準について具体的にご説明しています。

個人賠償特約はオプションとして付けられることが多い補償です。個人賠償特約というのは便利な補償で、例えば日常生活中の事故で相手に怪我をさせてしまった場合などに使うことができるもの。家族が自転車に乗っている場合などに利用しましょう。自転車で接触事故を起こしてしまったとしても、相手方と示談交渉もしてくれる便利な補償です。

個人賠償特約の対象になるのは記名被保険者とその家族。家族全員が対象で、ご家族が何歳であっても補償することができます。個人賠償特約の例には数多くのケースに適用することができますが、ここでは具体的なケースについていくつかご紹介してみます。

 子供が自転車走行中に他人に怪我をさせてしまった
 子供が庭で野球をしていて、お隣さんの窓を割ってしまった
 ゴルフのプレー中に他人にボールを当てて怪我をさせてしまった
 妻がパーティー中に他人のドレスお酒をこぼし汚してしまった
 マンション住まいで不注意で下階の部屋に被害を与えてしまった


個人賠償特約で支払われる保険金は1事故に付き最大1億円までです。個人賠償特約のいいところは、自分だけではなく家族にも使え、個人賠償特約だけの適用ならノンフリート等級は下がることはありません。

注意点としては他人への被害だということ。同居している家族間、例えば子供がおばあちゃんを怪我をさせてしまったときなどには使うことはできません。また、個人賠償特約のような特別な補償については重複していないかも大切です。次の項目で重複しやすい補償についてご紹介します。
先程の説明で個人賠償特約については理解していただけたと思います。ですが、個人賠償特約はなにも自動車保険だけにつけるものではないのです。他にも個人賠償特約を付けられる保険があり、自転車保険、火災保険、傷害保険、クレジットカードの会員専用商品などに付けたり付いていたりしますので注意してください。

同居家族で2台以上の車を持っている場合、補償の重複がある可能性があります。自動車保険をいくつか同時に契約している場合、どちらか一方にあれば全てカバーしてくれる補償が重複している可能性がでてくるのです。その場合、重複を無くすことで保険料を安くできる可能性があります。等級引継ぎやセカンドカー割引を利用した方は一度保険契約書を見てみましょう。

以下に、あくまでも重複しやすいと思われる補償、特約を挙げてみます。

 人身傷害
複数契約していて「車内+車外保証型」を選んでいる場合、車外での事故の補償については重複する範囲がでてきます。この例では車外保証型というのが重複しているので、一方を「車内のみ保証型」に替えることで重複を無くすことができます。

 弁護士特約
弁護士特約はほとんどの保険会社で、一つの契約で家族みんなを補償することができます。一台目の車の保険に弁護士特約をつけ、2台目以降の契約からは弁護士特約を外しましょう。

 おりても特約
おりても特約は、契約者とその家族が車ででかけた先の怪我、損害を保証してくれるもの。これも一台目につけることで、2台目以降の怪我、損害を補償することができます。

 ファミリーバイク特約
ファミリーバイク特約も記名被保険者とその家族の原付きバク運転中の事故を保証してくれます。対人賠償、対物賠償または人身傷害の保険料が無制限の場合、それぞれが重複することになるので注意が必要です。

注意点としては、補償の付いている一台目の車を手放した際、新たに2台目以降の補償を追加する必要があることです。うっかりミスでは済まされませんので、一台目の車を手放す際は気をつけるようにしてください。
自動車保険のノンフリート等級を下げたくない。そういう時に悩むのが保険を使うか使わないかの判断です。単純に言うと・・

①値上げされる保険料 > 修理費
②値上げされる保険料 < 修理費


だけで判断できそうなものですが、実はそんなに簡単なことではないのです。もっと大きく広い視野で考える必要があります。

保険を使うか使わないかの単純な判断基準としては、②番の修理費が高くなる場合に保険を使うということになります。その場合に注意していただきたいのが1等級ダウン事故なのか?3等級ダウン事故なのかということです。1等級ダウン事故なら一年間、3等級ダウン事故は3年間は割高になりますので、それも踏まえて考えてください。

この1年間、3年間割高の保険料になるというのが「事故有等級制度」。2012年のノンフリート等級制度の改定でできたもので、この制度が実施されてから保険料を請求しないケースがだいぶ増えてきたようです。つまり、以前は保険を使ったほうが特になるケースもあったということです。

①番と②番、どちらになるのか算出方法が難しいという方は、遠慮なく保険会社に相談しましょう。丁寧に教えてくれますから。
保険を適用するかどうかの判断で、たとえば自宅の駐車場へ入庫する際、車の横をガリッと擦ってしまった自損事故などは、修理費の見積もりを取れば簡単に判断できることでしょう。ですが、これが対物事故となると判断が難しくなってきます。

自損事故なら修理費の見積もりなど自分でコントロールできますが、相手が絡んでくると話は別。示談交渉や連絡のタイミングなどいらない気を使う場面もでてきて、思うようにコントロールすることができないことが多いでしょう。そういう時におすすめなのが示談交渉を保険会社へお願いするという方法です。

ですが、ここで一つ注意があります。それは、保険会社へ示談のやりとりをお願いする際、賠償金額が決まってから保険を使うか判断したいと伝えておくことです。実は、保険会社が行う示談交渉は保険使用が前提でのサービス。ですから、示談だけお願いし、保険は使わないというのはできないのです。

保険会社に示談をお願いして保険を使わなかった場合は、翌年以降の保険料は上がりますので、保険を使わなくて値上げされる場合と保険を使った場合の値上げとで判断されてください。この場合の保険を使わなかった場合というのは、賠償額が確定した後に保険を使わなかったという時になります。

 
では、最後に保険を使った場合と使わなかった場合とで、それぞれ保険料を計算した例をご紹介します。ここでは13等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合の3年間の合計金額をご紹介します。見積もりケースとしてはトヨタアクア、初年度登録平成26年、28歳男性で免許の色はブルー。26歳以上補償で運転者補償範囲は記名被保険者とその家族というケースです。

このケースの方が、単純に3等級ダウン事故を起こした場合、保険料を使った場合の3年間の合計が344,300円。保険請求しなかった場合が225,120円となります。この差額を見ると119,180円となり、自腹で修理できる修理費が12万を超えるなら保険を使ったほうがいいということになります。

この計算では約12万円ほどとなりましたが、一般的に言われている保険を使う使わないの判断基準が10万円というのに近い数字となっています。

ちなみに、事故有等級制度が無かった時の計算方法で上記のダウン事故を計算してみると、保険を使った場合が248,030円で、使わなかった場合が225,120円。差額が22,910円なので、昔は請求して特をした人が多くいたというのも分かりますね。