自動車保険 等級 下がる

自動車保険を他の保険会社へ乗り換えた時、等級がどうなるか気になりますよね。等級は保険料にも関係する大事なもの。そんな、自動車保険を乗り換えた時の等級についてご紹介していきます。

自動車保険 等級 下がる 》 自動車保険の乗り換えで等級はどうなる?

自動車保険を他の保険会社へ乗り換えた時、等級がどうなるか気になりますよね。等級は保険料にも関係する大事なもの。そんな、自動車保険を乗り換えた時の等級についてご紹介していきます。

自動車保険の更新は普通、毎年やってきます。自動車保険の更新時期になると、その保険内容や他の保険会社への乗り換えを考える方もいらっしゃることでしょう。ですが、他の保険会社へと自動車保険を乗り換えたときに今の等級がどうなるのか?と、心配される方もいるのではないでしょうか。

自動車保険の等級は保険料金の基準にもなる大切な指標です。自動車保険の契約会社を他社へ乗り換えると、等級が変わってしまうのではないかと心配で、そのまま惰性で更新し続けているという方もいるでしょう。そこで、ここでは自動車保険の等級の引継ぎ方やお得な方法、注意しなければ行けない点などをご紹介していきます。

自動車保険の等級

等級というものは、過去に起こした事故などによって付けられた点数のようなもの。この等級は自動車保険を契約した本人ごとに決められていて、等級によって保険料機がランク付けされていきます。自動車保険を最初に契約した時は6等級からスタートします。この等級は契約から一年間事故を起こさなければ一つ上がり7等級となり、最高で20等級まで上がっていきます。最高20等級まで割引率が少しずつ上がっていきますが、20等級になると、それ以上等級は上がらず、かわりに特典がつくようになります。

保険会社を乗り換えたら?

 自動車保険の契約会社を乗り換えた場合、等級もそのまま引き継ぐことができます。これが保険会社同士ならいいのですが、共済へ乗り換える場合は注意が必要。一部の共済は等級引継ぎができない場合もあるからです。自動車保険を保険会社から共済へ乗り換えるというときは、事前に調べ確認しておく必要があるでしょう。

自動車保険の乗り換えは、乗り換える時期に気をつける必要があります。なぜなら、乗り換えるタイミングによっては等級の上がるタイミングが遅くなってしまうから。自動車保険の満期のタイミングで乗り換えれば問題ないのですが、満期日前に他の保険会社へ乗り換えた場合、乗り換えた保険会社との契約の日からスタートとなり、等級が上がる時期が遅くなってしまうのです。ですから、等級を早く上げたいという方は、現在加入している自動車保険の契約日に乗り換えるよう注意してください。

どうしても契約期間内、現在の契約途中で他社へ乗り換えたい場合は「保険期間通算特則」を利用しましょう。保険期間通算特則というのは、現在の契約満期日で等級が上がるように調整することができる制度。どうしても契約期間内に他社へ乗り換えたい場合は、事前に確認しておくようにしましょう。
自動車保険の他社への乗り換えでは、現在の保険会社と新たしい保険会社で同時に手続きを進めていきます。同時に進めていくために、ちょっとしたタイミングのズレでミスにつながりやすいです。そんなうっかりミスを防ぐために基本的なことからしっかり意識していてください。

万が一、無保険期間に事故を起こしてしまえば取り返しのつかないことも。一定期間が空いてしまうと、次の契約が新規契約になってしまったり、前後の保険期間が重なって、二重払になってしまうことのないよう、計画的に手続きを進めていく必要があります。

重複契約に注意する

一番基本的なこととして、2つの保険で重複することがないようにすることです。また、自動車保険の解約内容しだいでは自動的に更新されるサービスがついていることもありますが、こちらから意思を伝えなければ、前契約が自動的に更新されることもありえます。至極当たり前のことではありますが、念のためと思って前契約の保険会社へは契約更新しないことをしっかりと伝えておいてください。

スムーズな乗り換えのために

スムーズな乗り換えのためにも引き継ぐタイミングを合わせなければいけません。手続きは早めに開始して、引き継ぐタイミングを間違えてしまわないように注意します。たとえば、余裕を持って考えている内に、前契約が更新されてしまう。前契約を解除したとしても、次の保険を開始していなければタイミングをずらしてしまうことになりかねません。そうならないためにも前契約の満期日と次契約の開始日は合わせるようにしましょう。

もし、前契約の解除から新規契約をしないまま、一定期間が過ぎてしまうと新規契約として扱われないおそれもあります。そうなれば等級を引き継ぐことができず、新規契約で6等級からスタートすることにもなりかねません。普通は等級引継ぎできる期間は一週間ほどですから、前契約の満了日一ヶ月前には手続きを終わらせてようにしましょう。

無保険期間を作らない

 次の保険の開始日はとても重要になります。前の契約と次の契約の間に日が空いてしまうと、自賠責保険だけしか適用されないこともあります。この期間に万が一事故を起こしてしまえば、取り返しのつかないことにもなりかねません。前の契約満了日と次の契約までの間に無保険期間を作らないということも重要です。

では、高い等級を引き継げないことがあるなら、低い等級m引き継げないこともあるだろうと考える方もいるかもしれません。ですが、各保険会社の間では、保険契約者の情報は共有されていて、事故歴があることは新規契約手続きの時にバレてしまうことでしょう。各保険会社の間では最低でも13ヶ月間は等級や本人の事故歴が引き継がれています。

ですから低い等級を引き継ぐ際は、保証内容を絞ったり、免責金額を上げるなどの工夫で料金を下げるようにしてみてください。悪巧みをしても絶対にバレてしまいますからね。
自動車保険の等級引継ぎには保険会社間家族間の2つがあります。これを知らないのは大変もったいないこと。また、家族間の等級引継ぎをすることで、合計した保険料の総額を大幅に安くすることも可能になります。

ですが、自分の等級を保険会社間で引き継ぐときも、家族間で引き継ぐときも条件面など細かな注意点があります。場合によっては等級を引き継ぐことができないこともありますので、注意すべき点など詳しくお伝えしていきます。

保険会社間での等級引継ぎ

 まず最初に保険会社の間で等級引継ぎをする場合について。自動車保険を他社へと引継ぐ例としては満期で引き継ぐ場合と、契約途中で引き継ぐ場合とがあります。

 自動車保険満期で他社へ等級引継ぎ
前契約の等級から一つ上がった等級で引き継ぐことが可能

 途中で解約して他社へ等級引継ぎ
前契約時の等級をそのまま引き継ぐ

上記で示したとおり、満期で引き継ぐタイミングと途中解約して引き継ぐタイミングとでは等級の進み方が少し違ってきます。

損保と共済間での等級引継ぎ

 どの保険からどの保険へ等級引継ぎをするのかでも話が変わってきます。自動車保険の等級引継ぎには「損保から損保」「共済から損保」「損保から共済」と3つのパターンがあります。この場合、損保から損保への等級引継ぎは可能ですが、共済から損保では一部の共済で等級引継ぎができません。

共済から損保で等級引継ぎができないのは「教職員共済」や「トラック共済」などがあります。この2つの共済は等級引継ぎができない保険会社が多いです。JA共済は全労済、農協などの自動車共済はほとんどの場合引き継ぐことが可能です。

損保から共済への等級引継ぎでは、多くの場合等級引継ぎをすることが可能で、教職員共済でも等級引継ぎが可能です。トラック共済については等級を引き継ぐことはできませんが、その等級に応じた掛け金が計算されるというメリットがあります。

自動車保険の等級引継ぎできる期間は?

 前契約から次の保険契約まで、等級引継ぎができる期間は前契約の満期(解約日)から8日以内です。8日以内に次の契約が開始されなければいけません。万一、8日間以上あいだを開けてしまうと新規契約となってしまい、また6等級からスタートすることになります。

せっかくの等級を無駄にしないため、保証期間に穴を開けてしまわないためにも自動車保険の等級引継ぎできる期間は「満期日(解約日)から8日以内」と覚えておきましょう。

ちなみに、1等級から5等級のことをデメリット等級と言いますが、引継ぎ期間を8日以上にして6等級からはじめることはできません。デメリット等級は満期日から13ヶ月以上空けないとリセットされないという決まりがあります。